スタンディングデスク!!自己ケア習得へのlong and winding load:自律神経を整えるために私が試した方法とは?

自己ケア
UnsplashTheStandingDeskが撮影した写真

はじめに

 みなさんこんにちわ!

 毎日暑い中、元気に頑張れていますか?皆さんが私と同世代の女性だったとしたら、もしかしたら私と同じようなことで悩まれてるかもしれません。そんな皆さんのお役に立てたらいいなと思って、私が自律神経とどんなふうに向き合っているか、そして、現在自律神経の機能アップのためにスタンディングデスクを使い始めた理由や期待される効果について、今日は書いていこうと思います。

 まだ初めて1日目なので、結果をお伝えすることはしないでおきます。1ヶ月後に、その結果をブログでご報告したいと思います。良いお知らせができますように!!

自律神経の乱れと向き合う

 去年はいろいろありすぎて、へこんだり気力がなかったりした私だけど、今年に入ってからは精神的に回復して、あちこちを飛び回っていろんなことを頑張っていました。

 ”私はもうすっかり元気になったんだ!”そう思っていたのに・・・7月のある日を境に微熱が下がらなくなり、すっかり意気消沈していたのです。

 最初は、疲れが出たのかな?と思っていたけれど、そのまま微熱は二週間以上も続きました。そして、私はようやく認めました。私って、自律神経が本当に弱くて、これなんとかしないとほんとにやばいって・・・

 身体が弱いのでは?と思われるかもしれません。でも、実は健康診断ではいつも優等生。微熱が続いた時に病院を受診したことも何度もありますが、いろんな検査をしてもいつも、”これ以上いい数値はないくらい問題ない。必要なら解熱剤を出すけど、あなたは病気なんかではないと思う”と困り顔の先生を見るのも辛かった。

 思えば今まで、ストレスのせいだ!とか、その度にわかりやすい理由を考えて、自分の自律神経と向き合うことを避けてきたと思います。でも、ストレスのせいだと思った割には、精神的に元気になっても、やっぱり何かの拍子に熱が出てしまう。考えた結果、不調の正体が徐々にわかってきました。

微熱の正体は?

 今回の不調にあたり、思い当たるきっかけは、強いて言えば集まりや、飲み会や、買い物や誰かと会ったりが続いたこと。でもでもその時は楽しかったのになぜ?と思っていたのですが、もしかしたら、楽しくてアドレナリンが出た後、お家に帰ってリラックスして通常モードにっていうところがうまくできないんじゃないかと思い当たりました。ずっと楽しさが続くっていいことみたいだけど、身体はうまく休めていなかったんですよねきっと・・・

自律神経を整えるための方法を模索

 まず私がしたことを書きます。

 最初私は、自律神経を強くするために、疲れにくい身体を作らないとダメなのでは?体は食べ物から作られるっていうし、もしかしたら、もう5年も続けている一日一食が良くないのでは?と思いました。

 そしてたまたまYouTubeで、朝ごはんにタンパク質を摂らないと栄養不足になるという動画を見てから、微熱が出た時に口角炎が治らなかったことを思い出して、”栄養だ栄養だ”と納得して、その日から朝ごはんを食べることにしました。朝食の内容は、パンかご飯と目玉焼き、そしてカフェオレ。久しぶりに食べる朝ごはんはとても美味しくて、調子も上がったような気がしましたが・・・微熱という意味でいうと、何も改善が見られませんでした。”食べなかった時”と厳密には比べられないから、少しは効果があったのかもしれないけど・・・

 がっかりした私でしたが、たまたま何か他の理由で、大好きだった本をまた手に取りました。ジョン・J.レイティ著の名著「脳を鍛えるには運動しかない」です。そして、軽く読み返しているうちに思いつきました。自律神経も脳にあるに違いない。運動で脳を鍛えれば、自律神経もきっと改善される気がする!だって、この本には、ただ頭が良くなるというだけでなく、鬱やADHD、更年期障害などあらゆる脳と関わりのある症状が改善された例がたくさん載っているのです。

運動と私の歴史!

 さて運動ですが、何を始めればいいと思う?何よりも、私は運動音痴。スポーツ(特に球技)は選択肢にすら上りません。

 思い出される私と運動の関係の歴史。まず私は大学生の頃に、自分が運動が嫌いすぎるあまり、”運動なんてすればするほど身体に悪いのでは?”という大胆な仮説を立てました。そして自分に都合のいい話を積極的に耳に入れては、”絶対に私はそんな愚かなことはすまい”と固く誓うばかり・・・本当にバカです。もちろん大学生の頃はほんとによく微熱を出していました。

 もしかして運動ってすごく私にとっていいのでは?と初めて思ったのは、30歳を過ぎた頃・・・一緒に暮らしていた相方が、健康診断の結果にショックを受けて、家の近くのウォーキングコースを歩きたいから付き合ってほしいと言ってきたのです。季節は凍える冬。気は確かなの?と思いながら、”一人で行きなよ”とは言えない性格の私は、渋々厚着をして付き合いました。歩いているうちにだんだんあったかくなって、分厚い上着を放り出したいくらいになりました。そして家に着いた途端に、驚いたことに、両方の太ももが猛烈な痒みに襲われたのです!

 結論から言うと、翌週の一週間、私は久しぶりの健康さで疲れを知らずに生活することができました。あの痒みはおそらく、血行が悪かった私の毛細血管に、いきなり新鮮な血液が巡ったせいだと思います。”血行が悪かったんだ”と私は思いました。”血行大事なんだ。毎週歩かなくちゃ”そして、ウォーキングへの興味を失った相方を家に置いて、必ず毎週末ウォーキングコースを歩きました。健康であることが本当にうれしかった!

スタンディングデスク導入!

  思い返すと確かに効果があった気がする運動!そして、私の毎日の歩数はiphoneによると現在3000歩程度(トホホ)。さあすぐにでも運動したい。そして、それならばやりたいことはいくつかある。大好きな庭仕事、そしてウォーキング、山歩き・・・・でも、それは今までもやりたかったけど、この鬼のような暑さでできなかったこと・・・やりたい気持ちがあっても、あっても!!!この炎天下の元、または大雨や蒸し暑さの中、私はどうしても外に出られなかった・・

 そこで思いついたのが、家に居て座らずに立っていることができる素敵な方法。スタンディングデスクなのでした。

 実は2年ほど前にも、家でプログラミングを勉強し始めた時に(もうやめました)スタンディングデスクを組んでいた頃がありました。その時も気に入っていたけど、ちょうど生後3ヶ月の子猫すぅちゃんを貰い受けていた頃でもあり、デスクに立つと同時にデスクに棚伝いに飛び乗るすぅに邪魔され、頭に登られ、仕方なく家を出てお店で勉強せざるを得ない日々が続き、そして事情があり勉強もやめてデスクも解体されました。悲しい思い出です・・・

 でも今は、すぅも大人になり、もう一人で好きなだけデスクに立って作業できる!手放したスタンディングデスクでしたが、ローテーブルを二つ積み重ねるとちょうど良い高さになることがわかり、にわかスタンディングデスクが瞬時に完成しました。スタンディングデスクを作るのは本当に簡単です。なぜなら、座って足を入れるスペースがいらないので、何かを積み重ねてちょうどいい高さにするだけで、見た目はともかくステキなデスクの完成となるのですから・・・

 効果についてはまた後日、詳細に報告させていただくつもりです。でも、1日目の今日に限って言えば、とても良い感じです。何よりも、座って作業しているよりも頭がよく働く気がします。それにレイアウト的にも座っている時と違って、iMacとマックブックを真横に並べた時、どっちも一歩動くだけで前に行けるから、”あー!どう置けば使いやすいの?”とイライラすることもない。

 なんでもすぐに取りに行けるし、座っている時と違って、無意識にソファにそのまま横になってしまうこともない。なんなら音楽をかけて、ノリノリで作業できて、とても楽しい気分です。

まとめ

 今日は、私が自律神経についに向き合ったこと、そして、自分にできる自己ケアを本気で探して、スタンディングデスクを試し始めたことを書きました。

 今後のブログで、皆さんに、スタンディングデスクを通じた効果や変化を詳しく報告できることを楽しみにしています。そして効果が実感できても、しなくても、私はずっと、これからも自分でできる自己ケアを探して、分かったことや効果や変化を皆さんと共有していきます。

 この記事を読んでくれてありがとう!あなたもまた何かを見つけて、新しい楽しい旅を始めていますように!嫌なことがあっても、それと向き合うことで、もっといい自分を見つけていけたらいいよね!そう思って希望に満ちて今日も眠りにつくことにします。おやすみなさい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました